メダカ研究室より発表

  • 2012.08.20 Monday
  • 21:31
メダカ飼育を初めて約2ヶ月。

20匹が現在300匹。

生後2ヶ月未満の子供が一部成魚となり、

昨日も今日も卵を産んだ。

あらゆる飼育法を試し、最良の方法が決定した。



6月にワンペア(2匹)のメダカから初めて、

秋までに1000匹に増やす自信があります。




4階ベランダ約6m南側の様子。


改めて他人の飼育法を見てみると複雑すぎますね。

俺が推奨する飼育法を発表します。



●容器は発泡スチロールに勝る物は無し。

次は内側素焼きの睡蓮鉢など陶器でしょう。

そしてポリ容器、ガラス水槽の順番です。

発泡スチロールは素晴らしい所がいっぱいある。

●水温が気温以上には絶対ならない。

●素材がスポンジ状なのでろ過バクテリアがすぐに発生し、

水換え無しで最高の水が勝手にできる。


以後、差し水だけで基本ノーメンテでも行けるが、

水は新しいに越したことは無い。

古い水はメダカのエラが汚れてかわいそう。

俺はたまに水道水をシャワーでジャバジャバ放水し、

オバーフローさせて水換えしている。

●塩素なんか無視せよ。死亡の原因にならず。

ハイポや中和剤の投入は無駄もいいとこ。

メダカが死ぬのは塩素ではありません。

アンモニアと亜硝酸塩の中毒死です。

恐らく室内水槽飼育の死亡の90%がこれ。

セット後1ヶ月頃に水質悪化し、全滅のパターン。

●グリーンウォーター(GW)にならない

ポリやガラス水槽だとGWになる。

GWは健康な水だけど見栄えが悪いから嫌いになった。

●スーパーで無料で調達できる。

推奨サイズは横500〜600、奥行き300〜400、高さ200前後。

ベランダに丁度いいです。



これが最強環境なり。
稚魚が2ヶ月待たずに成魚となり産卵。

生まれたばかりの針子が2週間で1センチ1ヶ月で2センチを超える。
餌は気まぐれで与えるだけ。
与えなくても室内水槽の倍で成長する。

600×350×180
姫睡蓮1鉢(赤玉土と発酵油粕2つ埋め込み)
ミソハギ1鉢
アマゾンフロッグピット(浮き草:爆殖注意)
7月生まれの稚魚10数匹が生活していたが今は成魚となった。


抽水植物を鉢ごと入れるべし。

姫睡蓮、アサザがおすすめだが何でもよい。

アサザはメチャクチャ増える。

なぜ準絶滅危惧種に指定されているのかわからない。

赤玉土と超発酵油粕で素焼きの浅鉢に植えた植物を

投入することは大事です。

土と肥料はろ過バクテリアと動物性、植物性プランクトンの

発生に役立ち、水質安定と自然な餌の供給を促進します。



純日本産浮葉性植物アサザの花。
ランナーを伸ばし株を増やす。
株1つからひと夏で50株に増やすことが可能。



太陽が降り注ぐ屋外飼育は成長速度最高。


プラケースで40度を超えても死ななかったが、長く続くと心配。

日よけ対策が必要になる。

発泡スチロールは32度を超えなかった。

要するに高水温対策など、なんの苦労も無い。

どこからかアブラ虫が飛来し、格好の餌となっている。


ベランダ飼育の注意点。

成魚は1階の庭や2階ベランダでいいだろう。

1,2階は稚魚ケースにボウフラが沸くと思う。

稚魚のベランダ飼育は蚊が来ない3階以上が理想です。

庭なら関係ないけど蚊が増えます。


メダカは上から眺めるのが最高なんです。

蚊のいない環境のベランダで、夜はダウンライトで照らし、

ビール飲みながらゆっくりと腰掛けて

メダカの成長を鑑賞できる環境が完成した。

初老の人間が至福の時間を過ごしている。



メダカの増やし方はまたおって。
コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

フォレスト玩具

selected entries

categories

archives

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM